30代向けプラセンタ美容液

30代になると急に肌の乾燥が気になりはじめます。そんな30代には保湿力のあるプラセンタ美容液がおすすめです。

30代、どんな美容液を選ぶべき?

30代になると“保湿美容液”がおススメ!

30代になると肌の皮脂量が減ってくるため、20代の時には感じられなかった人も“乾燥”が気になり始めます。

だから30代に最適なのは【保湿機能】がある美容液。

保湿でもっちり肌を手に入れると、肌のシワ、たるみ防止にもつながります!

★30代に選ばれる 美容液ランキング BEST3★


snova

価格 容量 日数 評価
1,080円(税込) 5ml 約14日分
<乾燥防止!プリプリ若い肌が欲しい方はコレ!>

若い頃とは肌の質が変わるタイミングで使いたいのがこのプラセラ原液。
乾燥しやすくなる30代の肌に潤いを与え、「パンっ!」という張りも生まれます!
美容液や化粧品を見直すならまずプラセラ原液を試してみるのが正解です!

お得なお試しセットを購入する


フラコラプラセンタ

価格 容量 日数 評価
980円(税込) 15ml 約15日分
<美容液はケチらずたっぷり使ってみたいという方はコレ!>
  • お試しなら15日間も使えてなんと980円!
  • WHITE’st プラセンタエキス原液(フラコラ)は顔だけじゃなくてデコルテケアや、腕、足にもたっぷり使えちゃう!!
  • 無香料、無着色、パラベンフリー、界面活性剤不使用、鉱物油不使用!

お得なお試しセットを購入する


コヨリ

価格 容量 日数 評価
1,980円(税込) 10ml 約14日分
<30過ぎて、ほうれい線やたるみが気になりだしたらコレ!>
  • ほうれい線やたるみ専用のオイル美容液!
  • 乳液、クリーム、美容液の役割をしてくれるからスキンケアも時間短縮♪
  • オイルだから乾燥を防いでくれる!

30代におすすめなのはリマーユの「プラセラ原液」

  • 馬プラセンタ×馬セラミドの効果で潤いを与える
  • しみやしわ、ホルモンバランスの乱れを整える
  • 20代のようなもちっとしたハリと自然なツヤ肌に
  • ターンオーバーのサイクルが整い肌が健康に

30代の悩みの、「肌の乾燥」、「出産したことによる肌荒れ」、「シミ」を改善!!
即効性の効果を感じることができる「プラセラ原液」は30代に一押しです!

お得なお試しセットを購入する

30代からエイジングケアに美容液をプラス

30代になると様々な肌トラブルが起こり、悩みは耐えなくなります。
そこでスタートするのがエイジングケアですが、皆さん、どんなエイジングケアをしていますか?

化粧水を念入り塗りこみ、乳液、クリームをベッタリつけているだけではエイジングケアになりません。
そこでおすすめしたいのが美容液をプラスしたスキンケアです。

30代エイジングケアに美容液がいい理由

美容液には様々なエイジングケア成分が入っているので、コレを使わない手はありません。
普段の基礎化粧品にプラスするだけで、グッと肌の状態が変わってきます。

化粧水&乳液&クリームでは補えない

30代になると肌の老化が進んで、様々な機能が衰えてきてしまいます。
そのため、20代で行っていたスキンケアだけでは足りなくなってきているのです。

保湿力が違う

20代と30代の肌の違いは何だと思いますか?
一番の大きな違いは保湿力です。

30代になると保湿力が格段に落ちてしまうので、潤いがなくなり、乾燥肌になってしまうのです。
そのせいで、小ジワだけでなく、くっきりしたシワ、ほうれい線などが目立ってきてしまうのです。

また、化粧のりも悪くなってくるのを感じている女性もいるのではないでしょうか?
これを回避するためにも美容液は必須アイテムなのです。

美容液は保湿に特化しています。
美容液を使うだけで、肌の調子もよくなり潤いを感じることが出来ます。

30代の老化の原因はこの4つ

30代の老化の原因はどんなことがあるのでしょうか?
20代でも原因になっているものも多いですが、その原因も30代になると蓄積されてしまうので、老化が加速してしまうのです。

その1.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると肌だけでなく、様々なトラブルが起きてしまいます。

しかし、30代になるとどうしても、長年蓄積された様々なものが噴出してくるんです。

ストレス

現代の女性にとって、ホルモンバランスの崩れの大きな原因はストレスといっても過言ではありません。
ストレス社会で日々生活していると、ホルモンバランスが崩れ、お肌にも影響が出てきてしまいます。

過度なダイエット

最近はちょっとふっくらした程度でも、太った!とすぐにダイエットをする女性がいます。
健康的にダイエットをするのは良いことですが、過度に行うとホルモンバランスが崩れる原因にもなります。

睡眠不足

不規則な生活をしているとどうしても睡眠不足がおきやすくなります。
そういった睡眠不足もホルモンバランスの崩れを引き起こしてしまうのです。

運動不足

毎日働いているとどうしても体を動かす機会を逃してしまいます。

しかし、こういった運動不足もホルモンバランスを崩す原因になります。

朝起きたらストレッチをする、自転車を使って移動するところを歩いて移動するなど、ちょっとしたことで運動不足を解消できます。
意識して体を動かすようにするとホルモンバランスも安定してくるので、気をつけましょう。

バランスの悪い食生活

バランスの悪い食生活をしていませんか?
食生活の乱れもホルモンバランスを崩します。

また、ファーストフードなどで食べることが多いと、油を多くとってしまい野菜不足に陥りがちになります。

その2.加齢が老化につながる

加齢が進むにつれ、様々なトラブルが肌に出始めます。

乾燥

年齢を重ねるごとにどうしても乾燥がひどくなってしまいます。
そのせいで、シワ、シミ、くすみなど、あらゆるトラブルが出てきてしまいます。

血行不良

また、加齢が進むにつれ、血行が悪くなり、それも乾燥につながります。
加齢はどうしても避けられないものですが、日々のスキンケアで加齢による老化の改善はできます。

間違ったお手入れ方法の習慣

10代、20代から間違ったスキンケアをしていませんか?
例えば、刺激の強いクレンジング剤を使ったり、洗顔でもこするように汚れを落としたり…。
そんな方法を続けていると肌に大きな負担をかけてしまいます。

肌は傷つきやすいものです。
刺激を与えないようにケアしていくのが重要です。

その4.長年浴び続けた紫外線

10代、20代は日焼けなんて気にしない!という女性も多かったはず。

しかし、そんな気の緩みが原因で、30代になりシミ、くすみ、そばかすなど様々なトラブルが出てきているのではないですか?
UVケアを怠ったせいで、トラブルが多い女性もいるはずです。

また、UVケアをしっかりしていたと思っていても汗などで日焼け止めが流れてしまい、紫外線を吸収していることも!

30代の肌トラブルは主にこの3つ

それでは30代になるとどんな肌トラブルが起こるのでしょうか?
20代でも徐々に出てきている女性もいるはずですが、30代になるとほぼ全女性が気になってくる悩みです。

その1.毛穴のたるみ&広がり

20代でも毛穴の広がりは徐々に感じている女性もいたと思います。
これは皮脂汚れやメイク汚れがしっかりと落ちていなかったせいでもあります。

しかし、30代になると毛穴のたるみまで出てくるんです!
よく鏡を見てください。
毛穴が縦に下がっていませんか?

これがひどくなると老けて見える顔になります。

その2.ほうれい線

20代まではほうれい線なんて無縁だった女性も多いはずですが、30代になると深く刻まれてきます。
ほうれい線が深くなると老け顔になり、年齢よりも上に見られてしまいます。

その3.ハリ&弾力の衰え

30代になるとどうしても保湿力が衰えてしまうので、ハリ&弾力がグッと落ちてしまいます。

30代にピッタリの美容液成分

20代から美容液を使うのをおすすめしていますが、以下の成分が全て入っていなくてもOKでした。

しかし、30代は必須です!

30代の肌にはどんな成分が必要なのでしょうか?

保湿が豊富な成分

30代になると保湿力が格段に低下してしまいます。
その低下した保湿力を補うために、豊富な保湿成分が必要です。

コラーゲン

保湿力といったらなんといっても、コラーゲンです。
コラーゲンは水分を保持する機能がある成分です。

この成分を補うことで、ハリ&弾力のある肌を手に入れることが出来ます。
コラーゲンは肌につけるタイプと食品として摂取できるタイプとあります。
食品では鶏肉、牛すじ、豚足、フカヒレなどに入っています。

また、コラーゲン入りのゼリー、飲料なども出ています。

しかし、なかなか、口から摂取するのは難しいと思うので、美容液で補うのがベストです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1mgで6000mgの水分量が保持できるのを聞いたことはありませんか?
加齢によってヒアルロン酸は減少してしまうのです。

ファンデーションののりが悪かったり、全体的に顔がたるんでいたり、疲れて見えるのはヒアルロン酸不足が原因。

そのため、ヒアルロン酸をプラスした美容液を使用するだけで、お肌のハリはグッと変わります。

エラスチン

エラスチンという成分を聞いたことはありますか?
なんとなく聞いたことはあるけれど、どんな成分か知らない!という女性は多いはず。
エラスチンはコラーゲンを結合させる機能を持っているんです。

これは元々、肌内部にある成分ですが、30代になると不足してくる成分です。
いくらコラーゲンをプラスしてもエラスチンが不足していると、肌をいい状態にできません。

そのため、エラスチンも30代女性には大切な成分なのです。

セラミド

セラミドは水分を保持する成分です。
特にヒト型セラミドは保水力に優れている成分です。

ライスパワー

ライスパワーは保湿力に優れているだけでなく、自分達の肌の力を活性化させてくれる成分です。
継続して使うことで、肌機能の改善が期待できます。

美容液を浸透させる成分

保湿成分を取るだけでは不十分です。
この保湿成分を肌内部にしっかりと浸透させる成分がプラスされた美容液を選びましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体をご存知ですか?
これをプラスするだけで、保湿成分の浸透がまったく違うんです!

また、ビタミンC誘導体は保湿成分を肌に浸透させるだけじゃないんです。
ビタミンC誘導体が肌内部に浸透すると、ビタミンCに変わるんです。
ビタミンCは抗酸化作用、美白にいい成分ですが、もろいためなかなか肌へのアプローチが難しかったものです。

しかし、ビタミンC誘導体にすることで、ビタミンC本来の働きが発揮されるだけでなく、浸透力をアップさせる機能も持ち合わせるのです。

ただし、ビタミンC誘導体は皮脂分泌もコントロールするため、乾燥肌、敏感肌の女性は一度、パッチテストを行ってから使用しましょう。

濃度によっては、乾燥がひどくなったり、敏感になる場合ものあります。

避けるべき成分

どんな年代でも避けたほうがいい成分がありますが、30代になったら特に注意してほしい成分は以下のものです。

アルコール

アルコールが入っていると乾燥が加速してしまいます。
アルコールが入っている化粧品は避けましょう。
特に乾燥肌、敏感肌の女性は要注意です!

パラベン

パラベンは防腐剤です。
長期保存を目的としている成分です。
注意したいパラベンは、ブチルパラベン、パラオキシ安息香酸エステルなどです。

この2つはホルモンバランスを崩したり、肌に悪影響を与える成分なので避けましょう。

ただし、他のパラベンは肌に影響がないといわれています。
気になる女性はパラベンフリーを使用しましょう。

界面活性剤

界面活性剤が全て悪いというわけではありません。
界面活性剤の働きは水と油を混ぜ合わせることが出来る成分です。
自然由来の「天然界面活性剤」は肌に悪影響を与えません。

注意したいのは、「合成界面活性剤」です。
こちらは石油を原料とした人口界面活性剤です。
合成界面活性剤は肌への刺激、負担が非常に多く、肌トラブルの原因になります。

特に乾燥肌の人には注意してほしいものです。
クレンジングや洗顔料に入っていると洗顔後、ツッパリ感があると合成界面活性剤が入っている可能性があります。

鉱物油

鉱物油というのは石油です。
石油が配合されているものはとにかく、洗顔しても落ちにくいんです!

そのため、肌への負担も大きいです。

また、メイクが残ってしまうこともあるので、そうなるとシミ、くすみなどの原因にもなってしまいます。

さらに、メイクをしっかり落とそうとごしごし洗ってしまうので、それも肌への負担になってしまいます。

効果的な美容液の使い方

美容液にも効果的な使い方があります。
正しい美容液の使い方はあなたが思っている手順とは違うかもしれませんよ?

美容液はどこで使うのがベスト?

洗顔後のスキンケアの手順は一般的に化粧水、乳液、クリーム、美容液だと思います。

しかし、これは間違った使い方なんです!
ビックリされる女性も多いと思いますが、よく考えてみてください。

乳液やクリームは油分が多いですよね?
こちらを先に使うとどうしても美容液成分が肌に浸透しにくくなってしまうんです。

そのため、スキンケアの手順は洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームの順で使いましょう!

美容液の使い方

1.美容液を適量手に取ります。
2.手の上で美容液を温めて溶かします。
こうすることでお肌への浸透力が高まります。
3.頬、額、鼻、顎にのせます。
4.手の平でやさしく下から伸ばしていきます。
この時、やさしく伸ばすのがポイントです。

また、ハンドプレスすると、浸透がよくなります。

すぐ始めよう!スキンケアに美容液をプラス

皆さん、いかがでしたか?

20代でスキンケアに無頓着でいた女性も30代になってから、いろいろな肌トラブルであせっていると思います。
そんな肌トラブルが出てからでも、しっかりと普段のスキンケアに美容液をプラスするだけで、肌が変わってきます。

もう遅いかなとあきらめていた女性も今からしっかりと美容液をプラスしたスキンケアをしましょう。
すぐに肌が劇的に変わらなくても、日々の積み重ねで肌は変わってきます。
めげずに根気よく美容液を使っていれば、使っていないときと比べても差がはっきりわかってきます。

ぜひ、今から美容液を使っていきましょう!

総合ランキング
フラコラ

安さ売り上げともにNO.1♪
980円(税込)
→ 詳細はこちら

ハニープラセンタ

美肌ケア部門5冠達成♪
6,825円(税込)

プラセラ原液

希少価値の高い馬プラセンタ♪
1,080円(税込)
→ 詳細はこちら

年代別ランキング