気になるプラセンタ美容液。正しく使えばより効果的に

気になるプラセンタ美容液。正しく使えばより効果的に


シミやシワの予防、お肌の弾力アップなど、アンチエイジングの成分として、すっかり定着した感のあるプラセンタ。

特にプラセンタ美容液は、少量でも絶大な効果が期待できるので、気になる箇所の集中ケアにも効果的といわれています。

そして、サプリや注射といった、ほかのプラセンタと比べても、手軽に試すことができて、低コストなのも人気の理由です。

ただし、プラセンタ美容液は使い方を間違えると、肌にダメージを与えることにもなります。

プラセンタ美容液の高い美容効果は、正しい使い方をしてこそ得られます。

そこで、この記事を参考にして正しい使い方を学んでください。
そして、ワンランク上の美肌を手に入れましょう!

プラセンタ美容液の正しい使い方

プラセンタ美容液は、原料や効果の高さが一般的な美容液とは大きく異なります。

そのため、その効果を最大限に得るには、通常の美容液と違う使い方をしなければなりません。
具体的には、以下の点に気をつけて使いましょう。

どのタイミングで使うべき?

通常の美容液は、洗顔の後に化粧水、次に美容液をつけるのが一般的です。

しかし、プラセンタ美容液は、その高濃度の美容成分を素肌にしっかり浸透させるために、洗顔後すぐつけるのがおすすめです。

ただし、同じプラセンタ美容液でも商品によって特性が異なります。説明書をよく読んだ上で使うようにしましょう。また、商品によっては洗顔後すぐにつけることを推奨していない製品もあるので注意してください。

どうやってつける?

プラセンタ美容液を効果的に使うには、つけ方にも気を配る必要があります。今まで常識と思っていた美容液のつけ方だと、プラセンタ美容液の効果を損ねることになるかもしれません。

そこで、プラセンタ美容液をつける時のポイントを紹介しましょう。

量の目安

プラセンタ美容液は、高い美容効果を得たいとたくさんつけたくなりますが、多くつければ効果が出るわけではありません。だからといって、チビチビとつけるのももちろんダメです。

プラセンタ美容液は、商品の説明書に沿って適量つけるのが正しい使い方です。

多すぎず、少なすぎず、肌がほどよくしっとりする感覚を目安につけましょう。
手に余ったら顔以外のデコルテ部分に使うのもOKです。

つける範囲

シミやシワなど肌の衰えは、気になる部分だけケアしても効果は出ません。

シミやシワは、肌全体の衰えが表面に出てきた現象です。だから、プラセンタ美容液の美容効果を得るには、部分的ではなく顔全体につけるのが正解です。

顔全体につけることで、肌のターンオーバーを整え、シミやシワの予防、改善を図ることができます。肌を若返らせることだって夢ではありません。

つけた後には何かケアが必要?

プラセンタ美容液を肌に染みこませたら、より効果が出るように、もうひと手間かけましょう。

プラセンタ美容液が肌に浸透するのを待ってから、乳液やクリームなどでフタをして、美容成分と肌の水分を閉じこめます。そうすることで肌は潤いを保ち、美容成分もすみずみに行き届きます。

プラセンタの美容成分を逃がさないためにも、保湿は欠かせないのです。

間違えないで!効果が減ってしまう間違った使い方

美容成分が詰まったプラセンタ美容液も、使い方を間違えてはその効果も半減します。
普段、何気なくやっていることが、実はNGな行為だったりするのです。

ここからはプラセンタ美容液の間違った使い方を解説します。

パッティング

スキンケアで何気なくやっているバッティング。
叩くことでプラセンタの成分がより浸透する思いがちです。
しかし、肌に浸透させようとパッティングをするのは実は逆効果なのです。

肌は叩くだけでもダメージを受けることがあります。
軽い刺激ならまだよいのですが、つい力が入ってしまうと皮膚を痛めます。

プラセンタの成分は、顔に塗るだけで十分効果が得られます。
プラセンタ美容液にバッティングは不要なのです。

塗りこむ

プラセンタを肌に浸透させたいためにやってしまう、もう1つの間違いが“塗りこむ”ことです。

塗りこむために、肌をこすったり叩いたりすることが、肌のダメージになります。肌がダメージを受け続けることで、くすみやシミ、シワの原因になることがあります。

プラセンタ美容液を塗りこむのは、せっかくの有効成分を活かせないだけでなく、アンチエイジングを逆行する行為なのです。

重ね付け

プラセンタ美容液は有効成分が凝縮されているので、重ね付けをしなくても十分効果が得られます。

重ね付けをしたとしても成分が浸透するのは最初につけた分だけです。
だから、重ね付けは意味がないばかりか、肌の負担にもなりかねません。
プラセンタ美容液は肌に浸透できる量だけつければOKなのです。

イオン導入機を使う

イオン導入機を使えば、プラセンタの成分を肌の奥へ浸透させることができます。
ただし、イオン導入機に使えるのはプラセンタの「原液」だけです。

プラセンタは粒子が細かいので浸透させることができます。
しかし、プラセンタ以外のほかの成分は浸透させることはできません。

また、防腐剤や香料などの添加物が含まれていると、肌トラブルの原因にもなります。
イオン導入機を使うなら「原液のプラセンタ」を選ぶことが必須です。

正しく使えば効果絶大。思い込みで使用は禁物!

プラセンタ美容液は肌のいろいろな問題や悩みに効果を発揮してくれます。

ただし、それも正しい使い方をすればの話です。

通常の美容液のような使い方や、間違った使い方では、その効果は半減します。

プラセンタの効果を最大限に手入れるためにも、正しい使い方で活用しましょう。
そして、毎日上手に使えばワンランク上の美肌に近づけるはずです。

人気のプラセンタ美容液をチェックする>>