美容液とは?

美容液とは?


美容液…、この言葉は、とてもキレイになれそうな気にさせてくれます。
薬局や化粧品売り場に行ってみると、化粧水よりも美容液の方が高かったりします。
これを見てみると、化粧水よりも肌に効果がありそうな気がしますね。

では、美容液ってなんなのでしょうか。
美容液とは、堅い言葉で言うと、「基礎化粧品」です。
簡単に言うと、肌に潤いを与えてキレイを保つのを助けてくれるということです。
一般的に化粧品は油分を中心としていますが、美容液は保湿成分を中心にして作られているので、しっとりした肌に仕上げてくれます。その中に、ビタミンC・E、ヒアルロン酸、アルブチンなどなど、肌にとてもよさそうなものを配合されて作られていることが多いのです。美容液には、肌の奥まで浸透してくれるという働きがあるので、肌を生き生きとさせてくれて、スキンケアの効果をいっそう良くしてくれます。
一般的には美容液に、美白成分や保湿成分が凝縮され多く含まれているので、肌の調子を整えてくれます。
ですので、なりたい肌に合わせて作られている美容液を使っていくうちに、今流行りのしっとりモチモチな「もち肌」にしてくれたり、輝くような美白になるように助けてくれたりする効果もあります。さらにさらに、リフトアップや、アンチエイジングも期待できるので、キレイな肌を保つのに効果的!!

美白に関しては、元の肌の特徴もあるので、絶対に白くなる! とは言えませんが…。
でも、透明感のある肌にしてくれて、年齢とともに失われていく潤いを補充することができます。
使い方によっては、肌の調子を逆効果に悪くさせてしまうので、肌に合うものをしっかり見つけましょう。