正直よくわからない…化粧水と美容液の違いって?

正直よくわからない…化粧水と美容液の違いって?


乾燥、シミ、シワ、くすみ…。

女性にとって肌の悩みはつきません。
そんな悩みを少しでも減らすには毎日のスキンケアがとても大切です。

多くの人が普段行っているスキンケアは、化粧水と乳液かクリームのみだと思います。
これだけでも保湿はできますが、さらに肌のことを考えるのなら美容液を加えましょう。

今回は、なぜ美容液が大事なのか、化粧水と美容液の役割などを紹介していきます。

化粧水と美容液

化粧水よりも美容液は高価です。
なんとなく肌にとってよいのはわかるけど、使ったことがない人も多いでしょう。

そこでまずは化粧水と美容液の効果や役割を解説します。
2つの違いを知って、スキンケア方法を見直してみましょう。

化粧水の役割

化粧水は安価なものから高価なものまで、さまざまな種類があります。
また、入っている成分が違うと効果も違います。
だから、自分の肌に必要な成分が配合されている製品を選ぶことが大切です。

肌の水分栄養補給

その名のとおり、化粧水は主に水でできています。
そのなかにグリセリン、エタノールなどの保湿成分にプラスしています。

商品によってはヒアルロン酸やコラーゲンなど水分の蒸発を防いでくれる成分、アミノ酸やビタミンCなど栄養を与えてくれる成分が配合されています。

肌は洗顔すると、汚れとともに肌に必要なセラミドなどの成分を同時に落としてしまいます。
そして、そのままにしておくとすぐに乾燥が進んでしまいます。その乾燥を防いでくれるのが、化粧水なのです。

肌を整えやわらかくする

保湿効果に加えて、皮膚を柔軟にし整えてくれる効果もあります。これによって肌の水分と油分が調整されてキメが整い、次のスキンケアの効果を一層高めてくれます。

それぞれの肌の悩みに合わせた成分配合

化粧水には、ビタミンCやハイドロキノンなどの美白効果のある成分を配合している美白化粧水もあります。

ニキビなどの肌トラブルに効果的なアクネ菌が配合されたピーリング作用のある製品も販売されています。

そのため、それぞれの悩みによって目的に合わせて使い分けることができます。

美容液の役割

美容液は比較的高価なものしか販売されていません。
では、なぜ高価な美容液を使う必要があるのか、美容液の役割と効果を知っておきましょう。

化粧水よりもさらに高濃度で保湿力アップ

美容液は化粧水よりもさらに有効成分が濃く配合されています。
そのため、保湿効果もさらに高く、乾燥が原因によるシワやたるみなどにピンポイントで効果があります。

美肌・アンチエイジング効果

保湿や肌を整えることが主な効果である化粧水に比べて、美容液には化粧水にはない美肌成分も配合されています。それがアンチエイジングやリフトアップの効果がある成分です。
これによって、ただ保湿だけのためでなく、さらにワンランクアップした美肌に導いてくれます。

油分が入っていない

乳液やクリームなどに含まれる主な保湿成分は油分です。

これに対し、美容液には油分が含まれない保湿成分が多く含まれているものがたくさんあります。
そのためベタベタが気にならず、皮脂が多い肌の人でもしっとりとした、もっちり肌を手に入れることができます。

化粧水と美容液の違い

化粧水は角質層の水分を補う役目を果たします。
美容液はさらに濃縮された美容成分を肌に取り込み潤いを保ってくれるプラスアルファの役割となります。

化粧水だけでは補給することのできない美容成分を美容液でたっぷり取り入れることで、悩みのない肌に確実に近づくことができるのです。

美容液の疑問あれこれ

美肌に絶大な効果を持つ美容液。
ここではそんな美容液について詳しく解説していきます。

美容液の値段が高いのはなぜ?

デパートで売られているコスメブランドの美容液は、安くても5000円程度、高いと数万円もするものがあります。

その理由は、まず希少価値の高い美容成分が高濃度に配合されいてることです。
そして、各ブランドが、肌に美容効果の高い成分を浸透しやすいように研究を重ねて作っていることもあります。

だから、美容成分が濃縮された美容液を正しく使用すれば、値段相応か、もしくはそれ以上の効果を発揮してくれます。

美容液の種類

美容液は、目的に応じてピンポイントに効く美容効果を持つ製品もあります。
ここではそれぞれの美容効果と配合さえている成分について見ていきましょう。

保湿効果

主な成分は、プラセンタ、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸です。
特にプラセンタやセラミドは、肌本来の機能に呼びかけ、肌再生を促してくれます。

美白効果

主な有効成分は、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンです。
美容液の基本成分に加えて、さらに美肌に効果のあるこうした成分が配合されているため美白効果は高めです。

シワ取りなどのエイジングケア

アンチエイジング効果のある成分は、プラセンタ、コラーゲン、ポリフェノール、ナイアシンなどです。美容液をアンチエイジング目的で使用する人は一番多く、シワやたるみにもしっかりと効いてくれます。

美容液の効果的な使い方

では、美容液を効果的に使うためのポイントを3つ紹介しましょう。

スキンケアの順番

洗顔をしたあと、化粧水で水分補給、美容液で美容成分補給をします。
そして油分のある保湿成分が配合されている乳液やクリームで、フタをしてあげます。

適量を使う

美容液は価格が高いので、ついつい少量で使ってしまいがちになります。
しかし、メーカーが推奨する適量をちゃんと守って使用しなければ効果は得られません。

温めて使う

使用する前に、手の平で温めてから塗ると、毛穴が開き浸透しやすくなります。
塗ったあとに手の平で優しく何度もおさえてあげるのも効果的です。

効果が激減!使用する際の注意点

どんなに高級な美容液でも、使い方を間違えると効果は激減。

乾いた肌に使用する

乾いた肌に直接化粧水を塗っても、浸透しません。肌が冷えている時に塗るのも同様です。
毛穴が閉じてしまっているために奥まで浸透しなくなってしまっています。

必ず化粧水で水分を取り入れて、肌をやわらかくしたあとに使用しましょう。

肌荒れ状態の時に使用する

一番気を付けてほしいのが、肌が荒れている時の使用です。
効果が得られないのはもちろん、負担になってしまうこともあります。
だから肌荒れ中での使用はなるべく控えましょう。

美容液でキレイな肌を手に入れよう!

化粧水や乳液だけでは補いきれない美容効果を持つのが美容液です。
いつものスキンケアにプラスして、もっとキレイな肌を手に入れてみませんか?