妊婦におすすめのスキンケア!プラセンタ美容液の安全性

妊婦におすすめのスキンケア!プラセンタ美容液の安全性


妊娠すると「シミ」や「そばかす」ができやすくなります。
そして出産後には、さらに増える場合があります。

一方で、アンチエイジングのための美容成分として名高い「プラセンタ」があります。
その優れた効果を、妊娠中の肌の悩みに活用することはできないのでしょうか。

妊娠中は「シミ」「そばかす」に注意

心身共に大きな変化に直面している「妊娠」「出産」という状況で、肌トラブルに悩む人は多いでしょう。事実、妊娠・出産後は「シミ」や「そばかす」が非常に増えやすくなります。

ホルモンの影響でメラニン色素が増える

「エストロゲン」「プロゲステロン」というホルモンがあります。
子宮の環境を整えたり、生理周期をコントロールする働きのある女性ホルモンです。

妊娠すると、「流産を防ぐため子宮の状態を整える」、「出産後に母乳の分泌をよくするため乳腺を発達させる」ことが理由で、この2つのホルモンが非常に多く分泌されます。

ホルモンバランスの乱れは「イライラ」や「ストレス」を引き起こしますが、それだけではありません。

特に、妊娠を継続させるために優位に分泌される「プロゲステロン」は、シミの元になるメラニン色素を増やす作用があるのです。妊娠中に「シミ」や「そばかす」ができやすいのは、この働きが原因といえます。

妊娠中のシミ予防に「プラセンタ」

「プラセンタ」には、メラニン色素が作られる際に大きな役割を持つ「チロシナーゼ」という酵素を、非活性化させる働きがあります。メラニン色素の生成を抑えることによって「シミ」「そばかす」などを予防する効果があるのです。

だから、妊娠中に増える「シミ」「そばかす」には、「プラセンタ美容液」がおすすめといえます。

プラセンタは厚生労働省が認める美白有効成分

「プラセンタエキス」は、厚生労働省が認めた美白有効成分です。
ある程度、人体に何らかの改善効果があると認められた「医薬部外品」なのです。

「ハイドロキノン」は妊娠中には避けるべき

美白が期待できるものではプラセンタのほかに「ハイドロキノン」という成分があります。

「ハイドロキノン」はメラニン色素を生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを抑え、メラニン色素を作る細胞である「メラノサイト」を減少させます。この働きは「プラセンタ」と同じです。

ただし、「お肌の美白剤」といわれるほど、「シミ」「そばかす」を取り去る効果が非常に高いのが特徴です。つまり、効果が高いだけに副作用も少なくないと考えられます。

通常の状態であれば、正しく用法を守って使用すれば心配はないかもしれません。
しかし妊娠中は肌が非常に敏感になる時期です。
普段通りにしていても肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

さらにお腹の赤ちゃんのことを考えると、通常以上に体に気を使いたい時期にもなります。
これらのことを考えると、妊娠中の「ハイドロキノン」の使用は避けたほうがよいでしょう。

プラセンタは赤ちゃんに影響はないの?

では、妊娠中のプラセンタの使用はお腹の赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

化粧品の成分としての摂取は大丈夫

安全性を考えて化粧品の成分として摂取しましょう。

お肌に摂取するのであれば、赤ちゃんに悪影響を与えた実例はありません。

馬プラセンタ使用の「プラセラ原液」がおすすめ

プラセンタは、ヒト由来のものは医療用の注射や点滴のみに使用されています。
そのため、医薬品以外で販売されているプラセンタは動物の胎盤から抽出されています。

現在は「豚」か「馬」の製品が主流です。

そして、「馬」のプラセンタは「豚」のプラセンタに比べて、天然保湿成分の主成分であるアミノ酸の含有量が300倍近く高くなります。

そんな馬のプラセンタでおすすめなのが「プラセラ原液」。
20160219-placera
<プラセラ原液 ¥2,700→¥1,080>

選び抜かれたサラブレッド由来のプラセンタエキスと、保湿因子である「セラミド」を複合して作られています。
当然ですが「馬」由来なので、天然保湿成分の主成分である「アミノ酸」が豊富に含まれています。

「シミ」「そばかす」などの肌トラブルに対して優れた薬理作用が働きます。
同時に、基礎化粧品との相乗効果によって、「美白」、「保湿」などに高い効果が期待できる美容液です。

>>プラセラ原液をキャンペーンで購入してみる

プラセンタ注射やプラセンタサプリは要注意

人間以外のほとんどの哺乳類は、出産後に胎盤を食べてしまいます。
出産後の体力を素早く回復させるために、本能的に栄養豊富な胎盤を摂取するのだといわれています。

プラセンタは楊貴妃、クレオパトラ、マリー・アントワネットといった歴史上の美女達が使用していたもいわれています。

そうはいっても、まだまだ未知の部分が多い成分です。
妊娠中のプラセンタ注射や、プラセンタサプリの内服は注意をする必要があります。

注射や、口から摂取するものには気をつけるべき

通常のプラセンタはエキスを抽出する過程で、血液除去、ウイルスの殺菌が確実に行われています。
だから妊婦さんが摂取しても、母体の健康に問題が発生する可能性は低いという意見もあります。

しかし、プラセンタは非常に栄養価が高い物質であるにもかかわらず、確かな臨床試験データが集まっていません。

有効性や安全性が立証され、その特定の保健の効果が科学的に証明されない限り、残念ながら100%安全だとは言い切れないのです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんが第一です。
注射やサプリ、栄養ドリンクなどプラセンタを口から摂取するものについては気をつけるべきです。
この点は注意しましょう。

注意書きをしっかり確認

製品によっては「妊娠、授乳期の方はお召し上がりにならないで下さい」という記載があります。
また注意事項として「健康食品であるため基本的に服用には問題はありませんが、念のため医師に相談して下さい」と、記載してある製品もあります。

メーカーでも、万が一何かあった時のトラブル防止のために、注意が喚起されているのです。

主治医や先生に妊娠している旨を伝えて相談

もともとプラセンタエキスは、漢方の世界では珍重されてきました。
女性の出産前後の健康維持や、体力回復に効果があると考えられていたのです。

今は日本でも、出産後に母乳が出ないなどの「乳汁分泌不全」の人が医師から診断された場合には、治療法としてプラセンタの保険適用が認められています。
この場合、医療用ですからヒト由来の成分になります。

しかし、美容等の分野では医師や専門家の間でも意見が分かれていて、特に妊娠・授乳期の女性には慎重な姿勢がとられています。
最終的には、担当の婦人科医に相談をして判断を仰ぐのがよいでしょう。

プラセンタ美容液で安心のマタニティライフ

キレイな肌を維持したいのに、妊娠をして「シミ」「そばかす」が増えたと悩んでいる人は多いと思います。
しかし、この時期はお腹の赤ちゃんの安全が第一ですよね。

100%安全ではない以上、赤ちゃんへの影響を心配しながら摂取するのであれば、しばらくは内服を控えてみてもよいかもしれません。

化粧品としてのプラセンタ美容液は、「美白」、「保湿」に効果のある成分として、安全性が認められています。
妊娠中も安心して使用できる「プラセンタ美容液」で、リラックスして安心のマタニティライフを楽しみましょう。